「ラブライブ! School idol project」のファンブログです。1ラブライバーとして、生の感想を書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
μ’s 6th single「Music S.T.A.R.T!!」のPV感想を書きたいと思います。
またしても、今更ですが・・・  これを取り上げないとファンを名乗れませんので。。。
皆様は発売当時の興奮を思い出しながら読んでいただければと思います。
曲の感想、OVAの感想は長くなるので別の機会に。
視聴動画のときも多く感想を書いていますので、参照ください。

もう最高!としか言いようがありません。
実は、車で再生しながら運転したことがあるのですが、
事故りそうなのでやめました。
何回もみちゃうww 今、○○のかわいいシーンだ!と思ったらみちゃうww

さて、今回はどんなふうに感想を書こうかと、
それぞれのメンバーにつき一枚ベストショットを選ぼうかと思ったのですが、
あまりにかわいすぎて一枚に選べない。断念。

どうすればちょっと違った感想になるのか、そこで思いついたのが・・・!
一人ずつコメントをするのはするのですが・・・
まぁ、最後まで見てくださいな。

minnna01.png
↑最後の、異様にエリチカがかっこいいこの最後のキメポーズ。
L・O・V・E・L・I・V・E・!の指文字になっているのに気づきましたか?


穂乃果  (写真は個人的なお気に入りのシーンです)
6th_hono.png
順位は3位ですが、 登場シーンが少なかったような・・・
でもやはり、登場したシーンの笑顔のインパクトは強い!
あと、寝顔がすごくかわいかったですね。


絵里
6th_eri.png 
手足が長いからか、ダンスが目立っていました。
ところどころ見せるウインクも素敵。

個人的に、左下の笑顔が大好きです。もっと絵里のことが好きになりました。
パジャマが結構セクシーでした。

ことり
6th_koto.png
ブルーレイではOVAではかわいそうなくらい登場が少なかったことり。
にこが真姫にすりすりするシーンで最後にドアップで持って行ったw
最後の「私たちとねー(踊ろう)」の部分のアドリブかわいい


海未
6th_umi.png
毎度おなじみの投げキッス。
サビのダンスで猫っぽい手のところ(←わかりにくいか・・・)は海未ちゃんのアップになることが多かったなあ。
のぞみんとツインテやるところもツボ。

真姫
6th_maki.png
もう最高。
いつから真姫はこんなに魅力的になったんだろう・・・
それにしてもセンターがとても似合う・・・まさに姫という感じですね。

写真の右上の「私の想いをしりたーい」の後の一瞬の振り付けがやばいくらいかわいい
あと真姫ソロの後、最後のサビに入る前に、クルっと後ろを振り向くのですが、これがものすごくリアル
一度見返してみてください。


6th_nozo.png
絵里とどうようパジャマがセクシー。また髪型もスノハレのときみたいな編み込みでかわいい。
上の写真の右側の表情がめちゃくちゃ好きです

花陽
6th_hana.png
ダンスの時は割と多く映っていたような。
最後のキーが上がった後のサビの、「だってパーティー終わらない」で絵里のアップが映ったあと、
「まだまだみんなで」の時の花陽に注目してください!!
笑顔でダンスもノリノリでめちゃくちゃ楽しそうwww

にこ
6th_nico.png
少し登場は少なかったかな・・・
パジャマシーンの髪を下しているのがかわいいです。
真姫ソロの前の3組で別々にダンスしているところのにこにーはかっこいいですね。
というか、あの別々ダンスシーンが最高。ライブで楽しみです。


皆様お待たせしました。
凛ちゃんです。
6th_rin_.png 
シリアスな顔も><顔もかわいくて最高すぎるw
一番目立っていたw

みなさん感じていることと思います。
ですので、集めてみましたw  ><顔は網羅しています! 凛ちゃんファンの方へのおみやげです。
個人的には、絵里におやつを嬉しそうにもらっているシーンがペットみたいでとても好きです。

ベストショットを断念して、
センターじゃないのに一番目立った凛ちゃんにあえてスポットを当てることにしました。

みなさまはどのシーンがよかったですか?

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
今回は、ラブライブ!ユニットシングル 2nd session 第3弾の、
Printemps「Pure girls project」/「UNBALANCED LOVE」の感想を書きたいと思います。

ゲマ、とら、ソフマップ、アニメイトで購入し、それぞれのクリアポスターをゲットしました。
・・・前の3店舗は、大きめの袋に入れてくれたり、「そのままお渡ししましょうか?丸めましょうか?」と聞いてくれたりして、
そのままの状態でゲットできました。
しかし、メイトは問答無用で丸められましたw
まぁ、メイトは最後に回収で、ほかの3つがそのままの状態だったので、丸めずそのままほしかったのですが・・・

そんな愚痴は置いといて。
売上枚数については・・・
オリコンウィークリーランキング10位、15700枚!

あらら、BiBiより減ってしまいましたか・・・  まぁ、トップ10は守ったのでよかったです。
ちなみに、9位はナンジョルノさんのfripSideでした。

ジャケット。
cd_27a.jpg
©2013 プロジェクトラブライブ!

うん。
すばらしい。第1弾・第2弾とは違い、ふともも全身が写っています

ただ、花陽は残念ながら太ももは見えませんその代り、谷間が強調されまくって希級となっています。
(数字上)一番大きい花陽がセンターを飾っています。このシリーズのジャケットのセンターはおっぱい担当ですね。
きっと、3年生は全員センターを飾っているんだろうなぁ。

あと、穂乃果の水着ってTバックなんじゃw
いつかのドラマCDでブラジリアンビキニを着たことだし・・・ うん、Tバックということにしておこう。
ことりもかなりきわどいカットのような。  さすがに大胆すぎるか・・・

・・・!なるほど。こういうことか。
いつもはサーフパンツをはいていて、夕暮れになり周りは僕だけになったので、
恥ずかしいけどサーフパンツパンツを脱いでくれて・・・  それから・・・

(1時間後)
おっと、これは曲の感想でしたね。
ジャケットから分析できる事実を記載したまでで、やましい気持ちは一切ないことをここに記しておきます。


「Pure girls project」
作曲・編曲は倉内達矢さん。
アニメブルーレイ4巻のまきりんのデュオ曲「Beat in Angel」の作曲・編曲をされた方です。
(ライス様のご指摘により修正しました。)

プランタンでは初となるテンションMAXの曲!
コールする場所ありすぎるやろwと思ったくらいです。
ライブで大盛り上がりする姿が今から目に移ります。

サビ前のじゅん・すい・せん・げん・yeah! yeah! yeaah!! から、
サビの最後までとにかくハイテンションのまま突き切ります。

歌詞は、学校で勉強・遊び・部活を頑張った後、放課後に何をしようかとドキドキする様子が伝わってきます。
休日はssh(sweet & sweet holidy)のようになるんですね。
いわば、Pgpは、sshの平日版のような感じがしますw


はぁ。でも、薄汚れた自分には純粋で眩しすぎますw もう経験できないトキメキでしょうね・・・
まぁ、今となってはアフターファイブどうしようとドキドキしますが、純粋な感じはもうないですからねw

プランタンの3人はいちばんキャラが歌っている感が強いです。
声優さんが歌っているというより、穂乃果、ことり、花陽が歌っているような。
3人が元気いっぱいうたっている様子が目に浮かびます。

曲のイメージ・センター予想は穂乃果です。

ライブでのコールの予想

サビ前。
純粋宣言 yeah!yeah!yeah!
(ピュアガールズだ!)も捨てがたいですが、これを言ったら、純粋宣言が言えなくなります。
どちらかといえば、純粋宣言・・・のほうが絶対にはずしたくないコールかと思います。

サビの最後
でしょ?の合いの手の(yeah!)
歩こう(歩こう)のようなかっこ書きも考えられますが、
ここは、通常のコールでいくのかなと思います。


「UNBALANCED LOVE」
作曲・編曲は佐伯高志さん。
絵里のソロバラード曲「ありふれた悲しみの果て」を作曲・編曲をされた方です。

Pgpとは打って変わり、切なさMAXでクールな曲となっています。
sshとPgpが世界観が似ていると既述しましたが、
この曲は、Love marginalが世界観が似ていますね。
ラブマジの続き物のような感じがします。


曲のイメージ・センターはもちろんラブマジと同じく、花陽です
Love marginalのときより、さらにうすあお主人公への思いが強くなっていて、切なさが倍増しております。
曲の最後の「I love you …」は心が痛すぎます。。。

・・・
ああああああああ!!!
はなよぉぉおおおおおおおおお!!!!!!!


ライブでのコールの予想
特にないと思われます。


ドラマパート
まぁ、きれいにまとまったなぁとw
プランタンの3人というより、穂乃果にスポットが当たっています。
とにかく穂乃果らしさがすごく出ています。

この、アニメ6話の海未ちゃんのセリフのとおりです。
「何にもとらわれないで、一番やりたいこと、一番おもしろそうなものにひるまずまっすぐ向かっていく。
それは、穂乃果にしかないものかもしれません。」


そして、ほかのメンバーもノッてきて、絵里が突っ込んで・・・
絵里の「そこはゲリラじゃダメなのよ!」の突込みは笑いましたw
この最後のシーンは、アニメの「逆境からのスタート」(11話のノーブラを歌う前の曲)が流れており、
雰囲気を盛り上げてくれています。

とにかく。
いつものノリ。これがµ’s!これぞµ’s!!
まだの方は、第1弾からの続き物として、ぜひ聞いてみてください!

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
前回に引き続き、ラブライブ!ユニットシングル 2nd session の感想を書きたいと思います。
第2弾、BiBiの「Cutie Panther」/「夏、終わらないで。」です。

こちらも、特典の付くアニメイト・とら・ゲマ・ソフマップで買いました。

売上枚数については・・・
オリコンウィークリーランキング6位、16618枚!!
リリホワの4位より下がりましたが、枚数は増えています!!

もうトップ10は当たり前ですね。

cd_26a.jpg 
© 2013 プロジェクトラブライブ!

ではジャケット。 まぶしい。まぶしすぎる。
まず絵里に目が行ってしまいますね、どうしても。紫という色もいいですね。
う~ん、すばらしい。さすが。綺麗。セクシー。かわいい。
好き。大好き。愛してる。・・・おっと最後は行きすぎましたね。削除しませんがw

次に目が行ったのは、にこ。・・・の水着のデザイン。
ちょっと、がんばりすぎちゃうかな。(真顔
でも、にこの表情とポーズがなんかエロいですよね。いけない方向に目覚めてしまいそう・・・

真姫ちゃんは、絵里のスタイルの良さにちょっとムッとしている様子ですね。
「…あんなに胸が大きくても邪魔なだけよっ」と言いながらも・・・みたいなw

まぁ、とにかくみんな可愛いですね!!!

では曲の感想へ。

「Cutie Panther」
作曲・編曲は佐々木 裕さん。
にこのぞの「乙女式れんあい塾」、アニメ3話と13話挿入歌「START:DASH!!」、
発売されたばかりのリリホワ「微熱からMystery」を作曲・編曲をされた方です。
こうも違ったジャンルの素晴らしい曲を創られるとは、脱帽です。

イントロからノリノリの、ユーロビート。
捕まえちゃう!の後の、にこのラップっぽいコーラスからテンションMAXです。

Aメロの「甘いよ甘い そんな装備じゃ」でやっぱ思い出しますよね。
ニコ動で流行った某大天使の名言をw

サビではにこの(Cutie!)(Panther!Yeah!)はライブで盛り上がるのは目に見えています。
でも、1番はほとんどにこは合いの手ばっかりですよねww

最後の捕まえちゃう!×4の部分。
ラップっぽいコーラスが、冒頭はにこだけなのが、にこ→真姫→絵里→3人となる構成が素晴らしいですね。
でも絵里の部分がなんかヤンデレを思わせる恐い声に聞こえるんですよね。。。
え、えぇ、浮気なんてしませんとも((((( ;゚Д゚))))

歌詞全体として・・・すごい自信たっぷりに誘惑していますよねw
この感じは公野先生の小説の絵里にぴったりですね。最高です。
そりゃ、誘惑されますよ。もう餌になりますよ。ええ。


でもでも、これを包丁を持ったヤンデレをイメージすると・・・
実はこれもぴったり。でも怖すぎます。

必死で逃げても。『捕まえちゃう!』
どこへにげても。『どこにいたってムリよ』
他の女といたら。『わたし以外はダメよ』
…浮気をしたら。『狙いをつけて密かに背後から』
だ、誰か助けて。『獲物は…君だよ!』

・・・うわあああああああああ!!!

ということで、曲のイメージ・センター予想は絵里です。(違
ですが、スクフェスしてるかたは共感して頂けると思うのですが、
SR動物編の女豹真姫が、まんまこの曲のイメージですよね。
特技が「次の獲物はアナタ」ですしw
でもこうも大胆な発言をするのは絵里の方がイメージできるかなぁと思いました。

にこは合いの手が多いからか、絵里・真姫の後ろで盛り上げているイメージがw

ライブでのコールの予想
冒頭とラスト。
(どこにいるの? ムリよムリよ どこにいたってムリよ)のラップ調の部分。
ステージも含めてみんなで歌う形になるのではないでしょうか。

(何度も言わせるつもりなの?)のところのHi,hi!

サビ。君の君の心盗んでみせるよのところのバックでにこがコールしている部分
(Cutie!)(Panther!Yeah!)

「夏、終わらないで。」
作曲・編曲は渡辺 和紀さん。
夏色えがおのカップリングで個人的№1の曲「Mermaid festa vol.1」の編曲をされた方です。

BiBiはクールな曲、電波ソング、ノリノリ曲、そしてこの本格的バラード。多彩です。
前回の例があるからなんとなくカップリングは電波かと思っていたこともあるのか、
綺麗なイントロが流れてから(え・・・)と静かに驚いてしまいました。

全曲のようにいじるところは全くないド直球な失恋バラードです。
恋の期間と夏を例えています。
曲の終わり方も印象的ですね。
それにしても、絵里は失恋ソング2曲目ですね・・・
もっとも、絵里にそのような歌は歌わせませんが。

BiBiはご存じのとおり、Pile様とジョルノの歌唱力はµ’sの中で抜けています。
この曲でもそれを存分に発揮しています。
しかし、この曲のキーはにこ役のそらまるの可愛い歌声だとおもいました。
1番のAメロの2回目や、2番のBメロです。
王道的で少し大人びたバラードに1味甘みを加えてくれます。

ライブでのコールの予想
特にありません。手拍子を送りましょう。

曲のイメージ・センター予想とも、真姫です。

ドラマパート
リリホワのドラマパートからの続き物。
色々あって、BiBiの3人が料理をすることに。
まぁツッコミどころが満載な回になりました。。。真姫ちゃんの料理(?)ひどすぎるw
何せ穂乃果がどんどんナチュラルにボケて、花陽が何度もツッコむところが面白かったです。
また、最後の百合っぽい展開が・・・ もう公式も狙って行ってるのでしょうかw

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
またまた今更感がありますが、「微熱からMystery/キミのくせに!」の感想を書きたいと思います。
入院等いろいろありまして、聴けたのが1ヵ月後になってしまいましたので・・・

ラブライブ!ユニットシングル 2nd session 第1弾、まずはlily whiteの登場です!
2nd session(セッション)ですよ!シーズンじゃないですよ!
最初、シーズンと読んでいたのは僕だけではないはずw

参考:ユニット誕生の歴史の記事

購入は、発売日に特典が付く4店舗で購入しました。合計4,800円、スクフェスの一回分の課金ですね(汗

今回の売上に関しては・・・
オリコンウィークリーランキング最高の4位!!!!
アニメが終わっても勢いが落ちるばかりか、増えるなんてww
もう、すごいとしか言えないですね。

cd_25a.jpg 
© 2013 プロジェクトラブライブ!

ではジャケット。
水着姿がまぶしいです。
もうド直球で。希おっぱいが目立ちますねw
凛ちゃんはう、う~ん。
何か幼児がプールで親にビキニを着せられているのを思い出すような。まぁ、これからですよね。
海未ちゃんも相変わらずのひんny…ん?あれ?あ、ある・・!? これはどういうことだ。。。

な~んて、胸ばかりに注目している破廉恥な方いらっしゃるんじゃないでしょうね。
だめですよ!
僕は、三人のはじける笑顔に惹かれ、頭に付けたお花がかわいいなと思ってみていました。


・・・では感想を。

「微熱からMystery」
作曲・編曲は佐々木 裕さん。
にこのぞの「乙女式れんあい塾」、
アニメ3話と13話挿入歌「START:DASH!!」をの作曲・編曲をされた方です。

のっけから昭和テイストMAXですね
昭和の歌を聴いているわけではないのに、昭和っぽい・懐かしいと思ってしまうのが不思議です。
これもイントロの作曲者の手腕でしょうね。
あと、スタダと同じように、イントロはHey!Hey!とライブで盛り上がりそうですね

1番の今年の夏の匂い…一回目は海未、2回目は希が歌っていると思いますが、
すごく大人っぽく歌っているのが面白いです。

サビでは、初恋の切なさと、それに戸惑いつつもあきらめない強い気持ちが伝わってきます。
すごく海未ちゃんをイメージできますね。

あと、リリホワは海未(みもりん)の力強く芯のある歌声に、
くっすんとりっぴーの特徴ある甘く可愛い声がミックスされるのが醍醐味です。

今回の曲でもそれがこの曲でもいかんなく発揮されていますね。

曲のイメージ、ライブのセンター予想はどちらも海未です。

ライブでのコールの予想
イントロや間奏やアウトロのHey!Hey! これは間違いないでしょう。

Bメロのカッコ書き(今の私が)(なりたい時は)(あなたの声が)について、
ここはリリホワの三人が交互に歌うところなので、コールはないかなと思います。


「キミのくせに!」
作曲:杉森 舞さん、編曲は山元 祐介さん。
編曲者の方は希のソロ曲「純愛レンズ」の作曲・編曲をされた方です。
作曲者の方はラブライブの楽曲では初めての方ではないでしょうか。

何せ可愛い曲!
幼なじみの男の子が不意に大人っぽく見えて、ドキドキしながらも気持ちをまだ認めたくない!みたいな。

ウィスパーボイスで始まります。
一人friends!!のところで少し大きい声の人がいるようなw

Aメロでは希(くっすん)の
「悔しいな ぷんぷんっ」がかわいすぎですね。

サビの「あ・れ・れ?」も可愛い・・・ほんと曲を通して可愛い!というのが率直な感想です

あと、間奏後の最後のサビの海未(みもりん)が一人で歌う、
「恋におちちゃうわけではないからねっ!」のところがすきです。

曲のイメージは凛ちゃん。希もイメージ通りですが、どちらかと言えば凛ちゃんかな。
センター予想も凛ちゃん。


ライブでのコールの予想
イントロ、間奏、アウトロ。NO! I know yo, …  のウィスパーボイスの部分。
ここは3人の声を聴きたいところですが、ラブライバーならコールするでしょうw

サビの前。NO NO NO NO NO!! 

ドラマパート
全員が登場しますが、やはりメインはリリホワの3人。
希・凛のおバカペアが復活です。アニメの希とは少しイメージが違うかと思いますw
でも、アニメでのわしわしの設定も取り入れられています。
二人がボケ倒して、海未が怒るを繰り返し、最後には・・・www
これは想像できませんでしたw
それにしても、ファンだけでなく公式も百合を推しているのか…

来月は第2弾のBiBiです!楽しみですね。
1ヵ月もまてな~い(棒

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
今回は、ラブライブ!のサントラ「Notes of School idol days」の感想を書きたいと思います。
cd_23a.jpg
2013 プロジェクトラブライブ!

ジャケットは9人勢揃いですね。
にこw先週発売のノーブラと同じ決めポーズw こんなに頑張っているのに、1次中間6位だなんて・・・
隣の海未ちゃんは何で不満そうなんでしょうね。にこにエリの隣を取られたから?
あとは、真姫の腰のラインがエロいです。

サントラは2枚組み68曲!!トータル145分!
その内、歌は19曲!!

ただし、ED曲「きっと青春が聞こえる」が8曲w

バージョン違いを除いて、今までのCDで未収録曲は3曲です。
A-RISEのPrivate Wars(フルサイズ)と、
真姫のピアノソロバージョン2曲(愛してるばんざーい!とスタダのショートサイズ)

(Private Warsについては、アニメでのA-RISEの感想を絡めて別の記事で書こうかと思います。)

曲の順は、おおむねアニメで実際に流れた順になっているかと思います(歌も含めて)。
ディスク1ではアニメの流れがよみがえります。
ただ、ディスク2で特に顕著なのですが、「きっと青春が聞こえる」のイントロが聞こえるたび
ま た お ま え か 
状態になりますww
でも、曲になるとそれぞれのバージョンで感じが違いますので楽しめますw

作曲者は藤澤慶昌さん。是非今後のラブライブの歌も作曲して頂きたいですね。
1曲1曲が2分前後あり、1分の曲を2回流す形ではありません。
また、中途半端なところで切ることも、フェードアウトすることもありません。

それぞれのトラックが1つの曲として成り立っており、素晴らしい出来です。
とにかく、聴きごたえありです。


また、曲のタイトルの後に、[LM○○]と記されています。
この意味をググってみるましたが、なかなかでてきません。一般的に使われるものではなさそうです。
コードネームみたいなもののようです。たぶん、“このシーンでLM10”を流すみたいな。
でも、なんの略かはわかりませんでした。
曲のタイトルもアニメーのシーンに合わせて、後でつけられたっぽいですしねw
DISC1のトラック1がLM01に、DISC2のトラック18がLM01 TypeBとあることからもこの推定は大きくはずれていないでしょう。

☆以下、サントラを聴いたトラックごとの第1印象です!歌は除きます。
(数字はトラックを示します。ディスク2の曲はトラック数にディスク1の総トラック数34を足しています。)
①ええ、この曲を聴きたかったのです!
32(花陽の決意)、47(絵里のやりたいこと)、48(µ’sのはじまり)、50(メイド喫茶)、
57(逆境からのスタート)、62(はなればなれ)

②おお、この曲か!(流れたシーンもだいたいわかる)
1、2、14、17、28、33、35、36、37、38、39、44、51、55、56、57、58、63

③ああ、あったなこの曲(流れたシーンはわからない)
4、5、15、18、22、25、26、30

④うう、全然頭にない。。。
6、7、8、12、16、19、20、21、31、43、46、64、65、66

おお、もう・・・
④が結構多いorz アニメ何回も見てるはずやのに。。。
いかに無意識に聴いているかがわかりますww 間違いなく、アニメを盛り上げてくれているのですが。

でも、ディスク2からは結構な数が②になりました。
アニメの感想を書きだしてからはやっぱり印象が強いんですねww

あと、さすがに①の曲は名シーンのところに流れる曲ばかりですね!(メイド喫茶除く)

逆に、このサントラを聴けば、アニメBlu-rayなどで見返した時に、
(おお、ここで使われていたのか!)とか、(ここで、この曲来た!)と思えて、
より感動できると思います!


最後に、ランキングについて。
4/10アルバムのデイリーランキングで7位でした。(4/9は10位)
サントラでトップ10入りはやっぱりすごいですね。
僕は特典が付く店舗で、計6枚購入しましたwww
01114.jpg

↓(いい。メイド喫茶が①になった所以)
[ラブライブ!サントラ「Notes of School idol days」感想]の続きを読む
にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。