「ラブライブ! School idol project」のファンブログです。1ラブライバーとして、生の感想を書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
2014年1月26日 追記

読者様よりコメントを頂きました。下記の記載内容は誤っておりました。
タイミング調整機能は端末によるタッチ反応の差異を調整するものであり、
使用を推奨します。

全く異なる結論となりました。
申し訳ございませんでした。

私自身、タイミング調整機能の使用し、驚くほどグレート判定が減りました。
テストライブの使用だけではない、適切なタイミング調整の方法を後日別の記事で記載する予定です。




わしが休んでいる間に、タイミング調整という機能が新たに実装されておるの。

ここだ!と思ったタイミングでも人によっては、
走っていたり、もたっていたりして、グレート判定になってしまう。

走っていたりするときは+側に調整すれば、早めにノートをタップしてもパーフェクトになる。
反対に、もたってしまうタイプのものは-側に調整すれば遅めにタップしてもパーフェクトになる。

じゃが。あまり使用は勧めん・・・

±0が、機械によったドンピシャなタイミングじゃが、
それを放棄して、自分の感覚でずらして得てたリズム感には、汎用性がないのじゃ・・・
-5で調整すれば、プレイして若干もたっていてもパーフェクトになるじゃろう。
これに慣れてしまって、5月に発売されるスクパラはどうする?
もしタイミング調整の機能が実装されていなければ、ドンピシャなタイミングではリズムをとれなくなってしまうぞい
ほかの音ゲー、または、楽器の演奏についてもどうようじゃ。

ここだ!と思ったタイミングでもグレートになってしまうのは、
自らのミスと認めて、素直に練習するべきなのじゃ・・・

ちなみに、わしの場合は、タイミング調整の結果はだいたい、-3~-1になる。
まだまだわしも精進が必要ということじゃな。
しかし、逆に。今まで、プラスになったことはない。
完全にもたってしまうタイプの人間のようじゃ。
分のタイプの把握は大きい。
これがわかったら、ほんの少しだけたたくことを意識して練習するのじゃ。
それだけでグッとお前さんの力がつくぞい。

もたるタイプはテンポが速めで簡単な曲で練習。ぼらららや僕今がいい例じゃ。

余談じゃが、寝起きの場合は-5、酒を飲んだ後は-10になったこともあるw
同じ曲でもすごくゆっくりに聞こえたり、テンポ早めに聞こえたりする時もあるからの。
人間の感覚というのはあいまいなもんじゃ・・・

最後にまとめるとじゃな・・・
タイミング調整使わず±0でプレイすることを勧める。
この機能は、自分がもたってしまうタイプか走ってしまうタイプかの把握、
プレイ前に自分の状態を推し量る材料として使うべきじゃな。



スクフェス情報表紙へ
スポンサーサイト

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。