「ラブライブ! School idol project」のファンブログです。1ラブライバーとして、生の感想を書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
今回は、ラブライブ!ユニットシングル 2nd session 第3弾の、
Printemps「Pure girls project」/「UNBALANCED LOVE」の感想を書きたいと思います。

ゲマ、とら、ソフマップ、アニメイトで購入し、それぞれのクリアポスターをゲットしました。
・・・前の3店舗は、大きめの袋に入れてくれたり、「そのままお渡ししましょうか?丸めましょうか?」と聞いてくれたりして、
そのままの状態でゲットできました。
しかし、メイトは問答無用で丸められましたw
まぁ、メイトは最後に回収で、ほかの3つがそのままの状態だったので、丸めずそのままほしかったのですが・・・

そんな愚痴は置いといて。
売上枚数については・・・
オリコンウィークリーランキング10位、15700枚!

あらら、BiBiより減ってしまいましたか・・・  まぁ、トップ10は守ったのでよかったです。
ちなみに、9位はナンジョルノさんのfripSideでした。

ジャケット。
cd_27a.jpg
©2013 プロジェクトラブライブ!

うん。
すばらしい。第1弾・第2弾とは違い、ふともも全身が写っています

ただ、花陽は残念ながら太ももは見えませんその代り、谷間が強調されまくって希級となっています。
(数字上)一番大きい花陽がセンターを飾っています。このシリーズのジャケットのセンターはおっぱい担当ですね。
きっと、3年生は全員センターを飾っているんだろうなぁ。

あと、穂乃果の水着ってTバックなんじゃw
いつかのドラマCDでブラジリアンビキニを着たことだし・・・ うん、Tバックということにしておこう。
ことりもかなりきわどいカットのような。  さすがに大胆すぎるか・・・

・・・!なるほど。こういうことか。
いつもはサーフパンツをはいていて、夕暮れになり周りは僕だけになったので、
恥ずかしいけどサーフパンツパンツを脱いでくれて・・・  それから・・・

(1時間後)
おっと、これは曲の感想でしたね。
ジャケットから分析できる事実を記載したまでで、やましい気持ちは一切ないことをここに記しておきます。


「Pure girls project」
作曲・編曲は倉内達矢さん。
アニメブルーレイ4巻のまきりんのデュオ曲「Beat in Angel」の作曲・編曲をされた方です。
(ライス様のご指摘により修正しました。)

プランタンでは初となるテンションMAXの曲!
コールする場所ありすぎるやろwと思ったくらいです。
ライブで大盛り上がりする姿が今から目に移ります。

サビ前のじゅん・すい・せん・げん・yeah! yeah! yeaah!! から、
サビの最後までとにかくハイテンションのまま突き切ります。

歌詞は、学校で勉強・遊び・部活を頑張った後、放課後に何をしようかとドキドキする様子が伝わってきます。
休日はssh(sweet & sweet holidy)のようになるんですね。
いわば、Pgpは、sshの平日版のような感じがしますw


はぁ。でも、薄汚れた自分には純粋で眩しすぎますw もう経験できないトキメキでしょうね・・・
まぁ、今となってはアフターファイブどうしようとドキドキしますが、純粋な感じはもうないですからねw

プランタンの3人はいちばんキャラが歌っている感が強いです。
声優さんが歌っているというより、穂乃果、ことり、花陽が歌っているような。
3人が元気いっぱいうたっている様子が目に浮かびます。

曲のイメージ・センター予想は穂乃果です。

ライブでのコールの予想

サビ前。
純粋宣言 yeah!yeah!yeah!
(ピュアガールズだ!)も捨てがたいですが、これを言ったら、純粋宣言が言えなくなります。
どちらかといえば、純粋宣言・・・のほうが絶対にはずしたくないコールかと思います。

サビの最後
でしょ?の合いの手の(yeah!)
歩こう(歩こう)のようなかっこ書きも考えられますが、
ここは、通常のコールでいくのかなと思います。


「UNBALANCED LOVE」
作曲・編曲は佐伯高志さん。
絵里のソロバラード曲「ありふれた悲しみの果て」を作曲・編曲をされた方です。

Pgpとは打って変わり、切なさMAXでクールな曲となっています。
sshとPgpが世界観が似ていると既述しましたが、
この曲は、Love marginalが世界観が似ていますね。
ラブマジの続き物のような感じがします。


曲のイメージ・センターはもちろんラブマジと同じく、花陽です
Love marginalのときより、さらにうすあお主人公への思いが強くなっていて、切なさが倍増しております。
曲の最後の「I love you …」は心が痛すぎます。。。

・・・
ああああああああ!!!
はなよぉぉおおおおおおおおお!!!!!!!


ライブでのコールの予想
特にないと思われます。


ドラマパート
まぁ、きれいにまとまったなぁとw
プランタンの3人というより、穂乃果にスポットが当たっています。
とにかく穂乃果らしさがすごく出ています。

この、アニメ6話の海未ちゃんのセリフのとおりです。
「何にもとらわれないで、一番やりたいこと、一番おもしろそうなものにひるまずまっすぐ向かっていく。
それは、穂乃果にしかないものかもしれません。」


そして、ほかのメンバーもノッてきて、絵里が突っ込んで・・・
絵里の「そこはゲリラじゃダメなのよ!」の突込みは笑いましたw
この最後のシーンは、アニメの「逆境からのスタート」(11話のノーブラを歌う前の曲)が流れており、
雰囲気を盛り上げてくれています。

とにかく。
いつものノリ。これがµ’s!これぞµ’s!!
まだの方は、第1弾からの続き物として、ぜひ聞いてみてください!
スポンサーサイト

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。