「ラブライブ! School idol project」のファンブログです。1ラブライバーとして、生の感想を書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
ラブライブを題材にしておいて、スクフェスを語らないなんて言語道断。

ということで、ある程度のプレイして上達したてきたので、実際のところを解説したいと思います。
スクフェスのプレイ遍歴・自己紹介は[続き]に書いています。

今回はプレイ前にあたって。
主に、これからプレイする人用や、ダウンロードしてあまり触っていない人用です。
他に質問があれば、コメントください。


スクフェスってどういうゲーム?
スクフェスはμ’sの曲を使った音ゲーです。
曲のリズムに合わせてボタンを押して、タイミングが合えば高得点です。これを競います。

プレイヤーにはゲーム内でカードが与えられ、
もっているカードの中から9枚を選んで、ユニットをつくります。
カードには数字による強さが設定されており、その合計数値が強いほど、
音ゲーでタイミングが合ったときに入る点数が高くなります。


残念ながら、スコアは音ゲーのミスなくフルコンボよりも、
カードの強さの合計に大きく依存されてしまします。。。

慣れてくればフルコンボは当たり前で、結局は持っているカードの強さの競い合いになってしまいます。

そして、そのカードはいわゆるガチャを回してゲットします。
無料で引けるものと、有料で引けるものがあります。
有料は一回あたり266円です(一番得なやり方で回した場合。4,800円課金、11回回し)


カードのレアってどのくらいの確率?
公表されていません。
しかし、Wikiや2chでは以下のように言われており、個人的な感覚としても間違ってはいないと思います。
上記の1回266円を前提に。

N・・・ノーマルカード。モブ。無料ガチャ(回数は有限)や音ゲークリアでもらえる。
R・・・レア。これ以上がμ’sのカードになる。
    期待値で300円くらいのカード。無料ガチャでもたまにもらえるが、感覚的に2%くらいしか期待できない。
SR・・・スーパーレア。描き下ろし。確率は10%程度と言われている。期待値で2,660円のカード
    各キャラにつき1枚。さらに順次追加されている。
    イベントの報酬で入手できるが、ほかのSRと比べれば弱い。
UR・・・ウルトラレア。描き下ろし。確率は1%程度と言われている。期待値で26,600円のカード
    配信開始時は1枚だけであったが、順次追加されている。
    Blu-rayに封入されているコードを入力すればパッケージ絵のURを入手できるが、他のURよりはかなり弱い。

 <検算> (300×89%+2,660×10%+26,600×1%)÷3=266.33…  OK.300円という前提は大きく誤っていない。

しかも、おんなじカードを2枚集めれば、合体させ別のカードをゲットできます(覚醒という)。
これのSR以上の覚醒後のカードも、覚醒前と違う描き下ろしので、ファンは集めたくなります。

しかし。
SR(5/28時点で14枚ある。)をもう1枚ひこうと思えば、期待値でいうと、37,240円となり、
UR(5/28時点で4枚ある。)をもう1枚ひこうと思えば、期待値で言うと、106,240円となります。
Rですら、27枚あるので、もう一枚ひこうと思えば、期待値で言うと、8,100円となります。

・・・もっというと、エリチカの覚醒後URがどうしても欲しくて狙う場合、106,240円×2なので、
通常の運なら20万円以上はかかるということになります。(しかも覚醒前URは消えてなくなる)

当然、覚醒後URが最強ということになります。、
強いカードのUR・SRはおろか、Rのµ’sのカードをまともに揃えようと思っても、
有料ガチャ、つまり課金が必要となってしまします。



じゃあ、無課金では楽しめないの?
プレイヤーが何を目標にするかによりますが、多くの人は楽しめないと思います。

無課金であっても、有料ガチャを回せる権利(ラブカストーン)はゲットできます。
ですが、その個数はあまりに少なく、あまりに時間がかかります。

30個:モブ30人を2枚揃えて覚醒させ、絆ポイントをMAXにしてサイドストーリーを見る
16個:通常曲のHARDを100回クリア×12曲 + 日替曲NORMAL×4曲
  (1回プレイするごとに1時間半待たないといけない)
16個:日替曲HARDのコンボSで2個、100回クリアで2個 計4個×4曲
  (1回プレイするごとに2時間半待たないといけない。
   スコアA,Sでも1個ずつもらえるが、R・モブユニットではフルコンボでもAは無理なため除く)
7個:ストーリークリア報酬 1章につき1個×7章
4個:日替わり曲全難易度クリア報酬

上記の獲得は1回きりです。
無課金のためLP回復もしない場合、100回クリアは現実的ではないので、頑張ってゲットできるのは、49個。

コンスタントにラブカストーンをゲットできるのは、ログイン報酬くらいでしょうか。
1ヵ月毎日ログインすれば、7個くらいゲットできます。

ほか、イベントや不具合があった場合のお詫びでもらえたりします(不定期)
ログイン報酬でもらえたりします。

最初の1ヵ月頑張れば、50個程手にゲットできるが、そのあとは月に7~10個くらいゲットできます。
ただし、その50個ゲットすらかなり時間がかかってしまいます。。。


ラブカストーンは82個を4,800円で売っています。一瞬でその苦労が手に入るわけです。。。
また、ガチャは1回5個使います。一気に50個使って11回回せるお得なコースもあります。
課金ユーザーは4,800円で買って、11回コースを何度もやっているわけです。
11回コースでもSRがでないことはざらです。本気で凹みます。

話を戻すと、無課金ユーザーは11回コースを1回回すのがとても難しい。そんな前提のもとでは。

1.無課金では、Rのµ’s+モブという布陣になり、µ’sを揃えること自体難しい。
2.音ゲーも、1曲プレイすると1時間半~2時間半待たないともう一度できない。
3.モブをMAXまで育てても、全く育ててないLV1のRカードと勝負にならない。
4.モブユニットでは、HARD曲をフルコンボしても、Sランクはもとより、Aランクすら難しい。
5.総合ランキングや、イベント(順位により賞品あり)で上位に入るのは難しい。
6.UR○○登場!!!と祭りのように騒がれるが、ほとんど指を咥えてみているだけしかできない。
7.覚醒後のカードを入手しないといけないので、µ’sのサイドストーリーを見ることも難しい。


ラブライブ!のゲームなので、
µ’sを揃えて遊ぶ。
推しメンのRカードくらいはサイドストーリーを見たい。
全曲スコアSランクをとる。
くらいは遊びたいところですが、これには通常課金が必要と思ってください。

ラブライブを全く知らずに、
AppStoreのランキングでダウンロードした人はすぐやめてしまうでしょうね。。。


サイドストーリーはどんな感じ?
フルボイスですが、4,5回送ったらすぐ終わります
例えば。
夏休みと言えば、穂むらの手伝いをするかなぁ。
穂むらのおまんじゅう、あなたも食べに来てね!
くらいのノリですw
でも、プレイヤー向けへあまい台詞をくれることもありますが(ことりに多い)。


じゃあ、いくら課金したらいいの?
これもその人の目標によります。

ランキング上位を目指す
覚醒URや覚醒SRをいくつも持ち、毎日プレイしてゲーム上の経験値をためている人たちと
闘うので、全て覚醒URとかを揃え、LVなどもMAXにする時間も多く必要です。
お金だけで言えば、100万円くらい覚悟が必要です。

カードのフルコンプを目指す
すぐに計算はできませんが、おそらく上記の100万円以上かかると思います。
さらに、新たなURカードが登場するごとに、お金がかかります。

全ての曲SSS(スコア・コンボ・クリア回数)を目指す
一番のネックはクリア回数ですが、これはお金というより時間なので置いておいて、
スコアSを日替わり曲でとろうと思えば、自分のカードでも無理なので、
URやSR複数枚が必要になります。5万円くらい必要かと思われます。

推しメンの全カードコンプ、サイドストーリーを目指す。
覚醒UR、UR、覚醒SR、SR4つの所有だけでも、40万円くらい必要です。

 ちょw高すぎるww
 はい。目標を決めるといったらこうなってしまいますね。。。 仕方ないです。
 やはり、なにかを揃えるとなるとどうしてもお金がかかってしまいます。
 ですので、いくらまで課金すると決めて、その中のカードで遊ぶというのもいいと思います。
 4,800円×2でストーンを162個買って、11回回しを3回やると、
 Rのµ’sはある程度そろうと思います。


そんなにお金をかけても、得るものはないのでは?
はい。全くその通りですね。
10万円あれば、いろんなものが買えます。
ランキング上位になっても、表彰されるわけでも、賞金がもらえるわけでもありません。


う~ん、やっぱスクフェスやめとくよ。
ちょ、ちょっと待ってください。
確かに、ある程度スムーズに遊ぶのに、1万円くらいの課金は必要ですが、
µ’sのユニットを組めれば面白くなりますよ!
音ゲーも、常連のひとはフルコンボが当たり前になりますが、なかなか手ごたえがあります。
また、µ’sの曲に合わせてプレイするのも楽しいです。


嵌ったらいっぱい課金してしまいそうだしなぁ。
自分で課金のルールを決めることはすごく大事です。
次こそあたる。当たっている人はいっぱいいてるから自分も。
そう思って、購入ボタンを押して、気が付けば・・・ということになってしまいます。

そこで、URを狙うことはしない。あたったらラッキーくらいの心構えを持つこともいいと思います。
URもっている人を見た場合、自分も!と思ってしまいますが、
10万円のカード買ったんだなぁとおもえば、自分も!と思わなくなります。

無駄な課金にだけ注意すれば、ラブライバーには楽しめるゲームかとおもいます。


↓スクフェスの自己紹介
[スクフェスの実際のところを解説。]の続きを読む
スポンサーサイト

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
スクフェスの各曲について、
HARDでフルコンボをとるための注意点を書いていきたいと思います。
前提は、左右1本ずつの指(人差し指or親指)でのプレイです。

FULL COMBO難易度はうすあおの独断と偏見で決定したものですw
あと、特徴は以下のものを考えています。
サビ前注意、テンポ早い、速打ちあり 、難関は一カ所だけ
イントロ注意、アウトロ注意、変則テンポ注意、長押し多し


僕らのLIVE 君とのLIFE
公式の難易度:6、スマイル曲、消費LP:9(54分)


FULL COMBO難易度:C
特徴:サビ前注意、テンポ早い、速打ちあり、難関は一ヵ所 だけ 



イントロ

 ギターソロが入って盛り上がる直前に早打ちがある。
半泊おいて右左右左と落ち着いて交互に打とう。
バックミュージックのドラムと同じリズムなので、
これを聴けばイメージしやすいかも。

休 タ タ タ|タ タ タ タ |タ
- 右左右|左右左右 |左


歌の入る直前はバックと同じリズムでたたけばよい。


Aメロ
[O.K.マイライフ]のところは歌と同じリズムで。
その少し後で、4発の早打ち。慌てずに。


Bメロ
[そうだよ 信じるだけで]の部分。
歌と同じリズムの(そーだよ)で打つと失敗してしまう。
日頃聞きなれているリズムで打ってしまいがちだが、
等間隔に(そだよ)で打つイメージを持とう。


サビ直前
[きーみーがー]の部分。これがこの曲の唯一の難関である。
タッッタッタタタタという速いリズムであり、バックのドラムもこのリズムである。
このようにリズム的に把握は簡単だが、指使いに少し戸惑う。
この部分の直前は右側にノートが来るので、最初のタッタッは左手でたたくと思う。
そのあとの、タタタタのうち最後以外は全て左側に来るので、左でたたくか右でたたくか迷っているうちに失敗してしまう。
どの指でたたくかを事前に決めてしまおう。
右手で一部補助をしてもいいが、左手だけで十分たたける早さなので、 最後以外はすべて左手でたたくといいだろう。
次に早いノートが連続で来ると覚えて心と左指の準備をしておけば、そこまで難しくはないはずだ。 

タ 休 休 タ|休 タ タ タ |タ
左- - 左|-左左左 |右


(最後の右は長押し)

サビ
特に難しい部分はない。 参考画像を一通りみたら対応できるはずである。
[ひーーとーみがーーーーだいすき]の、だいすきの前の部分が少し難しいが、
リズムとしてはバックミュージックと同じである。 


注意すべきはサビ前だけだと思います。
この曲である程度早いテンポになれることができ、
速打ちを落ち着いてできるようになると思います。




にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。