「ラブライブ! School idol project」のファンブログです。1ラブライバーとして、生の感想を書き綴ります。
今回は、「No brand girls/START:DASH!!」の感想を書きたいと思います。
cd_24a.jpg
©2013 プロジェクトラブライブ!

ブログでも書いております通り、先週はいろいろありすぎて、1週間遅れとなってしましました。

「No brand girls/START:DASH!!」は、
4/2や4/3付けのオリコンデイリーランキングでなんと4位
そして、ウィークリーランキングでも5位を獲得したようです!!!
素晴らしいです!
いつものように僕も3枚買って貢献しました。ラブカは凛、真姫、花陽でした。
うおっ、今気づいたら1年生3人じゃん!!(本当にたった今気づきましたw)

今回で挿入歌シリーズは終了しました。アニメイト、ゲーマーズ、とらのあなでは連動特典がありました。
01111.jpg
01113.jpg
特典は表紙だけが違い、あとは同じです。
好きなヒロインの横に自分の写真を入れて飾るんですね。
なるほど~・・・え?それはちょっと厳しいですw

ジャケットは、全員集合で最終回のスタダの時のやつですね。
希がなんか企んでるように見えますねw
あと、ことりがどう見ても胸を寄せてますよね、これww

「No brand girls」 
作曲・編曲は河田 貴央さん。
ススメ→トゥモロウ・Wonderful Rush・after school NAVIGATORSの編曲をされた方です。
スタダの感想で書いたことの再掲となりますが、
この作曲者の方は、ラップも含めた転調満載のWR・へヴィメタルのafNというどちらも超変化球の曲を作られています。
素晴らしいラブライブ!の作曲者の中では、個人的には一番好きな方です。

この曲は11話の挿入歌です。一般的(?)には、ノーブラと訳されています。
さらに、曲名とかけているのかこの曲の衣装はノーブラです。たぶん。

初めて11話で見たときは、穂乃果の頑張る姿に胸が痛くなり、ハイテンションな曲だな~くらいにしか思いませんでした。
ですが、2回目聞いたときはめっちゃいい曲!と思いました。
あと、コールの箇所も明確で、ライブでもばっちりな曲ですね。

とても疾走感あふれるギターリフで始まります。この作曲者はバンドサウンドがお得意なのでしょうか。
サビは勇気で未来をみせての(キーが)高いところが好きです。
でも、この曲は、
一進一跳!とか、うん、負けないから!とか、全身全霊!のところが大好きですw
全部カッコ書きのところですけどねw
ライブでみんなで叫ぶんだろうな・・・今から楽しみです。
k431.png
(↑うん、負けないから!のシーン。絵里のポーズと笑顔の花陽が素敵。)

一進一跳ってなんとなく意味はイメージできますが、正確にどういう意味だろうと思って調べました。
でも、四字熟語ではなさそうです。造語ですかね????
「一進一跳」で調べてもラブライブ関連しか出てきませんでしたしwww

余談ですが、「チャンスの前髪をはなさないから」という歌詞があるのですが、
チャンスって前髪に例えられるんですよね。というより、後髪ではないと言った方がいいでしょうか。
前から人(チャンス)が走ってきて、自分を過ぎ去った後につかもうとしても、前髪はつかめない。
だから、自分の前に来た時に躊躇せず思い切ってつかむ!みたいな話だったと思いますw
いつもこの話でチャンス例えられる人って、前髪だけ長く生えていて、後ろはハゲという人をイメージしてしまう。。。
そんな人が走ってきたら、全身全霊で逃げますよねw いや、だめだ、そういうのを思い切ってつかまないと!
すみません、脱線しましたねw

お気に入りの歌詞は次の通りです。
[壁は Hi Hi Hi こわせるものさ Hi Hi Hi 倒せるものさ]
[うん負けないから!]
さんざん語っといて前髪ないのかよw

でも、ノーブラって、テンポも早くダンスもかなり難しそうですよね。
きっと完全再現してくれるはずです。期待したいですね。

そう、衣装も完全再現されることを期待しましょう。


「START:DASH!!」(9人Ver.) 
作曲・編曲は佐々木 裕さん。
にこのぞのハイテンションな曲、乙女式れんあい塾をの編曲をされた方です。

最終回の挿入歌。第3話の挿入歌では2年生トリオ3人でしたが、今回はµ's全員で歌っています。
3人バージョンでの感想はこちら

・・・最終回見たときは、ここでスタダ全員で歌うのか!と感動はしました。
でも、何回も聞いていますが、3人バージョンの方が好きかな。。。


3人バージョンの感想でも書きましたが、この曲で一番好きなのはサビです。
躓きながらも前向きな歌詞に、歌声から力強さ・切なさがストレートに伝わってくるからです。
ラブライブ3学期のえみつんのインタビューで、この曲は「振り切って」歌うようにと指示があったと書いてあります。
ここにすごく共感できました。そして、その「振り切った」感が大好きだったのです。
でも、9人になると丸くなってしまったというか。。。
歌って人数を多く重ねるほど、良くも悪くも平準化されてしまうんですね。

もちろん、9人バージョンもいいのでこの形はこの形で聴いていきたいと思います。
3人バージョンと9人バージョンどちらかといえばどちらがいいですか?で別れそうですよね。

おまけ。3人バージョン、9人バージョンの比較。2:10のところから鳥肌もので、即マイリスしました。
もしまだご覧になれれてなければ、是非!!

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。