「ラブライブ! School idol project」のファンブログです。1ラブライバーとして、生の感想を書き綴ります。
第1回(開演から、4曲目Mermaid festa vol.1まで)はこちら。
第2回(5曲目のMermaid festa vol.2 ~Passionate~から、10曲目のListen to my heart!!まで)はこちら。
第3回(11曲目のぶる~べりぃ とれいんから、18曲目のまほうつかいはじめました!まで)はこちら。
第5回(25曲目のもぎゅっと“love”で接近中!から、28曲目のあとのアンコールまで)はこちら。
第6回(最終)(アンコール後の夏色えがおで1,2,Jump!から最後まで)はこちら。
セットリストはこちら。
今回は、19曲目の知らないLove*教えてLove から、24曲目のあとのラブライブヒストリー までです。


怒涛のソロラッシュが終わった後。
まさかの3人組が、まさかの衣装で、まさかの曲が流れる。
lily whiteの知らないLove*教えてLove

多くのラブライバーは今回はユニット曲はないのではないかと思っていたはずである。
これを完全に裏切ってくれた!

BDで書いたように、プランタンの醍醐味はくっすんの甘い声が良いスパイスとなるところである。
これを思い切り堪能できた。

また、サビでのコールは気持ちよかった。
たった今、当曲をCDで聴いているのだが、ライブでのコールも同時に再生される。

それが終わると、リリホワでのMC。ファーストライブでの衣装からリニューアルされたことなどが話された。
そのあとは質問コーナー。「お年玉もらったひとー」や「初詣行ったひとー」など。
そして、もう一曲歌うことががアナウンスされる。

なんと・・・
タイトル曲だけではなく、カップリングも歌うということは、一体何曲披露してくれるのだろうか
そんな思考を「がんばるのは自分のため」とみもりんの力強い歌声が打ち消す。
あ・の・ね・が・ん・ば・れ!だ。
サビ前の(ステキを)と(みつけて)と(あ・の・ね・が・ん・ば・れ!)をコール&サイリウムをこのリズムで振る。
そして静寂になり「あ・の・ね」からのサビ。この瞬間が鳥肌ものである。

次に「I know happy holiday,・・・」が響く。Printenmpsのsweet &sweet holidayだ。
(おーいしい!)や(とろけるね)のコールは当然。
BDで見た、可愛いダンスが目の前で披露される。
さすが、Printenmpsのタイトル曲・・・いや、これはカップリング曲だった。
この素晴らしさでは一瞬間違ってしまうのも無理はない。

MCは、同様に衣装改良の話。
そして、初詣の話に。えみつんはくっすんと神田明神にいったらしいが、うっちーも行ったとのこと。一人で。
そのあと、「新年でめでたいのですが、次は切ない曲です。」
Love marginal。前奏から胸が痛くなる。
今更だが、生はやはりすごい。
映像で見たダンスが繰り広げられていることもそうだが、切ない気持ちがCDよりすごく伝わってくる。
この時、個人的にはサビでコールには乗らず切なさを感じていた。

曲が終わる。順番から言って次はBiBiである。
ナンジョルノさんがいないので2人ということになってしまうが、あの2曲を聴けるのはすごくうれしい。
前奏からわかる。まだあの曲ではない。ダイヤモンドプリンセスの憂鬱だ。

え・・・?

シルエットが3人?誰だ?会場が騒然とするのがわかる。
・・・りっぴーだ。

本当に恐れ入った。なんという嬉しい演出だろうか。
その演出に心を打たれたラブライバーも多かったようで、赤かピンクのサイリウムに黄色の灯がともる

その中で、うすあお色のサイリウムも少しだがともっている。間違いなくエリチカ推しのラブライバーであろう。
私はBiBiを助けてくれたりっぴーに感謝し、黄色にサイリウムを変えようかと迷ったがやめた。
BiBiにはエリチカの想いもあるからだ。
とにかく、うすあお色のサイリウムが少ないながらもともっているのを見て、同志の存在に胸と目が熱くなった。


ファーストライブで一気に好きになったこの曲。さらにこのライブで好きになった。
それにしても、リッピーは大車輪の活躍である。

MCに入り、りっぴーがピンチヒッターとして紹介される。
そしてもう一人ゲストが!ということで、袖からくっすんが登場!
こんどは4人か!?とも思ったが、ピンチヒッターが交代とのことである。
ありがとう、りっぴー

さぁ、メンバーはそろった。いよいよあのキラーチューンである。
全ラブライバーがコールの用意をしていたはずだ。
ラブノベルス

(がんばらねーばねーばねばぎぶあぷ なーなななーななーりたいな)

会場みんなで歌う。夢のようである。これがしたかった。本当にこれがしたかった。
既述のように、今回のライブではユニット曲はないかもと思った分喜びも一入である。

個人的に、サビの[実られられ・・・られられられる?]が歌もダンスも一番すきなの所であるため、
ここはコールをせず、ステージのパフォーマンスを注視・歌を耳に刻んだ。
電波ソングから一気にかっこいい曲へと表情を変えるこの曲。そのどちらも堪能できた。ありがとう、くっすん。

まさにラブライブのキラーチューン。その語意のとおり一度耳に入れるとはならず、やられたと思う曲である。

それが終わると、ラブライブヒストリーとステージモニターに映し出された。
G'sマガジンの企画から、TVアニメまでの軌跡を映像化したものである。
○年○月。ファーストシングル発売。まだ名前もなかったのに、
○年○月ファンのみんなからµ'sという名前を付けてもらいましたという感じで流れる。
すごく感動的だった。
個人的な話であるが、私はG's読者であるが、ラブライブは2012年7月からはまったため、
この投票の時期にはまだ一人の名前も知らなかった。
でも、この時だけは気まぐれで投票だけは参加したのだ。今思うとそれも運命かもしれない
ヒストリーが流れるたびに歓声が流れるが、µ'sと名前が付いたというところが一番大きかったかもしれない。
PVが流れたり、ファーストライブの映像が流れたら、みんなでコール。

そのあとに、年末のブシモで初お披露目されたアニメPV2が流れる。
メガネ花陽のところでは歓声があがる!
私は、絵里が登場したシーンで思わず感極まって「エリチカー!!」と叫んでしまった。

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
第1回(開演から、4曲目Mermaid festa vol.1まで)はこちら。
第2回(5曲目のMermaid festa vol.2 ~Passionate~から、10曲目のListen to my heart!!まで)はこちら。
第4回(19曲目の知らないLove*教えてLoveから、24曲目のあとのラブライブヒストリーまで)はこちら。
第5回(25曲目のもぎゅっと“love”で接近中!から、28曲目のあとのアンコールまで)はこちら。
第6回(最終)(アンコール後の夏色えがおで1,2,Jump!から最後まで)はこちら。
セットリストはこちら。
今回は、11曲目のぶる~べりぃ とれいん から、18曲目のまほうつかいはじめました! までです


ジャージ姿の3人が去った後。

「走りだす・・・」
ここで来たか。ソロ曲。
ことりのぶる~べりぃ とれいん
先ほどはデュオのみ披露されたため、ソロはないのだろうかと思ったラブライバーも多いと思う。
このうっちーの歌いだしで、ソロを聴けるという喜びがラブライバーに生み出された
大歓声が起こったことは言うまでもない。

ソロ曲での衣装は、アニメ制服のまま。曲は歌番組のような1コーラス(または、+大サビ)のみの構成。
なるほど。これなら、より多くの曲を聴くことができる。
これからのライブでもソロのショートバージョンが披露される機会は多くなるだろう。
フルコーラスで聴きたい気持ちは当然あるが、ライブ全体のことを考えると最適であろう。

・・・それにしても、「やんやんっ 遅れそうです」可愛い過ぎるのだが

次に、スマートで爽やかなギターの前奏が。海未の勇気のReason
ファーストライブでの[私たちは未来の花]で、
圧倒的歌唱力・パフォーマンスでラブライバーの度胆をぬいたみもりん。
今回も、素晴らしい。どうしてこうもかっこいい曲が似合うのだろうか。
海未の、静かでいて強い心が2分程の演奏でCDで聴くよりも伝わった。

「しんーじて こーころがとーきーめーいたー」くっすんの甘い声が響く。希の純愛レンズだ。
(接近しちゃえ ton ton to とっしん)をみんなで。
この曲こんなにテンポが速かっただろうか?と錯覚するほどCDよりノれた。

可愛らしいリズム。ジャージからアニメ制服に着替えたりっぴーが登場。
凛の恋のシグナル Rin rin rin!
もちろん(Rin rin Ring a bell)をコール。
CDで聴いたときはライブではここをみんなで歌うのだろうなと思っていたところが、今現実のものとなっている

次にシンセの前奏が流れる。一瞬で次が何の曲かを判断し、オレンジのサイリウムやペンライトに変えるラブライバー。
穂乃果のSomeday of my life
かっこいい。こんなにかっこいい曲だっただろうか。
この曲は1コーラスのあと、もう一度サビがあった。
全体としてショートバージョンが最適と既述したが、やはり少しでも長く聴けるのは嬉しい。

「Darling!」
会場に響く。大歓声。
来た。いよいよ来た。神曲。
真姫のDarling!!。会場が赤く染まる。
個人的に一番楽しみにしていた曲だ。
正直な話、これまでソロが終わるごとに次か次かと待っていたのだ。

コールは、
(Don't worry,don't worry!)にも、(いまから挑戦者?)にも分かれていたと思う。
でも、この曲に心酔しきっているということは皆同じである。
サビに入る前の一瞬無音になり、2拍だけ[Daring!!baby!]は鳥肌もの。

「冷たいヤケドを教えてあげる」の高音部分はCDで機械処理されているが、
Pile様の生歌で聴けたのも感激した。この部分も鳥肌が立った。何度たつのか。やはり、すごい歌唱力である。
それに加えてダンスもキレがありかっこよかった。

最後の「フフッ」で終了。会場は完全に魅了された。
前言撤回するようだが、この曲だけはフルで聴きたかった

「あなたへのHeartBeat」先ほどの興奮も冷めやらぬまま、さらなる興奮が。
花陽の孤独なHeaven
ベースラインがものすごくかっこいい曲調で、切なさと静かな熱さを表現する曲。
花陽のキャラソングということも忘れ、ただシカコのかっこよさを感じた

残るはあの曲。「Hi hi hi!」で始まる。にこのまほうつかいはじめました!である。
2回目の(Hi hi hi!)はしっかりコール!
パンキッシュな曲調で、笑顔の素晴らしさ、にこの元気と、あざと・・・もとい、可愛さを歌った曲である。
そらまるはメガホンで歌っている。
「かんたんでしょ?」のあとの(はいっ)はもちろんみんなで。
サビは結構キーが高いこの曲。しかし、CD以上に安定してしっかり歌っていたと思う。
サビ最後の「ほら楽しくなれっ」のあとの「にこっ」も可愛すぎた。

「みんな一緒にー!」そらまるが指揮者となり、
最後のラップ部分「笑顔の魔法・・・みんなをしあわせに」を全員で歌う。

そして終わりにそらまるのシャウト。それに応えるように会場が盛り上がる。

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
第1回(開演から、4曲目Mermaid festa vol.1まで)はこちら。
第3回(11曲目のぶる~べりぃ とれいんから、18曲目のまほうつかいはじめました!まで)はこちら。
第4回(19曲目の知らないLove*教えてLoveから、24曲目のあとのラブライブヒストリーまで)はこちら。
第5回(25曲目のもぎゅっと“love”で接近中!から、28曲目のあとのアンコールまで)はこちら。
第6回(最終)(アンコール後の夏色えがおで1,2,Jump!から最後まで)はこちら。
セットリストはこちら。
今回は、5曲目のMermaid festa vol.2 ~Passionate~ から、10曲目のListen to my heart!!までです。


「さよなら。」
Mermaid festa vol.1終わったあと、
暗いステージの中、メンバーが袖へ去っていく。
二人を残して。

ピアノの旋律が、えみつんとリッピーの歌声が、耳に、心に届く。
いよいよ来た。デュオ曲である。
Mermaid festa vol.2 ~Passionate~である。
会場がタオルに持ち替えていくのがわかる。

「じゃあ、ね?」
(くるっとくるっとくるっと・・・踊ろうよ Hi!)もちろん全員で。
タオルを持っている人はタオルを、サイリウムを持っている人はサイリウムを曲に合わせて回す。
ステージの二人もタオルを回している。
(踊ろうよ Hi!)では、タオルを上に投げる。
なんとういう気持ち良い曲だ。

あと、[たべごろに変身]の部分は変身ポーズをする振付であり、ラブライバーの心をつかんだ。
間奏の台詞のところではステージを追いかけ回していた。
最後、音楽が終わると二人が使っていたタオルを客席に投げた!

MCでは、「Mermaid festa Vo.1に続きvol.2を聴いて頂きました~!」
なるほど。なんとにくい演出だろうか。
セトリはメンバーも携わっているとのこと。
また、タオル曲はすごく楽しかったようである。それは、ラブライバーも同様である。
「私たち二人が歌ったということは、次の二人は誰かな?」
ステージを去る二人。

順から言って、にこのぞか。違う。前奏で一瞬。soldier game
ガチで歌が上手い二人。あまりコールはなく、聞き入っていたように思う。
この曲ナンジョルノさんパートは録音ではなく、二人で歌っていた。

個人的に好きな間奏のベーススラップシーンのあとはみんなで(come on!)
最後のポーズはとてもかっこよかった。発売するであろうBDで見てほしい。

次もまた前奏で一瞬でわかる。乙女式れんあい塾である。
この曲より、WRの衣装からアニメでの制服にチェンジ。
みんなで(やっほー やっほー)はお約束。

残るは、告白日和、です!
それはわかっていたはずなのに、「ねぇ、ひとつだけ・・・」が歌われると大歓声。
全体的に可愛い。最後のサビの前の「だそう!」「うん」も可愛すぎた。

それが終わると、ステージは2年生役の、えみつん、みもりん、うっちーだけになる。
ここで、衣装の紹介があったあと、ライブグッズの紹介。
なかでも、お守りの紹介の時に、9種類一人一人の願い事が書いてあるのだが、
にこにーの願いは金運成就であるが、右から縦読みで以下のように書いてある。
成金
就運
これをうっちーは横読みをして成金と読んでしまって、会場は大爆笑。
「いくらにこちゃんでもそこまでは思わないよ~」
まぁ、金運成就も50歩100歩な気がしないでもないが。
あと、ハート型ペンライトの紹介の時に、後でこれを使ってほしい曲があるとのこと。

「そろそろ次の曲へ。あ、あいつらが来たー」
と言って、ステージから去る3人。

ヘヴィなギターのコード引きとそれに絡みつくアルペジオ。
いよいよ来た。あの曲である。
ラブライブまさかのへヴィメタル曲。after school NAVIGATORS

まずはウィスパーボイスでへヴィメタルとは思えないような可愛らしい詩が紡がれる。
そして。
(どーしようどーしよう?迷うよね?はいっ!)全員で。
本当に初披露かと疑わしくなるくらいの合いよう。

激しいドラミングとギターリフ。
マイクはスタンド付。衣装は、これまたへヴィメタルとは思えないCDジャケットの赤いジャージ姿。
その格好で、マイクスタンドパフォーマンスをする3人。
モニターには、ものすごく怖い3人の顔が。

ヘドバンをしているラブライバーも少なくない。
早口があったり、いきなり、へヴィメタルからメルヘンチックになりテンポもとりづらいこの曲。
それでもCDの、いや、CD以上のクオリティで披露された。

もともと、超ノれる曲であり、
(どーしよう・・・)はもとより、(mgmg pkpk gkgk)や(食べてー 飲んでー 笑ってー!)、
最後の(after school we ,after school we,after school we are NAVIGATORS! Yeah!)
など、コールにもばっちりなこの曲。

間違いなく、ラブライブ!のキラーチューンとなるだろう。

MCでは、「ラブライ部 ラジオ課外活動~にこりんぱな~」が生まれ変わり、
「ラブライブ!μ’s 広報部~にこりんぱな~」になることがアナウンスされた。
「聴いてくれている人ー!」(はーい!)「絶対嘘!聴いてくれていたら輪ゴムをしてるはずだから」
それでも、輪ゴムを誇示する猛者が何人もいた。

にこりんぱなもう一曲目のListen to my heart!!へ。
これはアップテンポの曲で、中でもやはり、
「今日は今日のにっこにこで・・・ お届けます!」の部分が盛り上がる。

曲が終わり、ステージが暗くなり、一人一人「ドロン!」といって袖に去っていった。

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。
2013年1月3日に開催された、「µ's New Year LoveLive!2013」のライブレポートを書きたいと思います。
・・・かなりの長文です。全部で6回に分かれました。。。
まずは1回。開演までから、4曲目Mermaid festa vol.1までのレポートです。
セトリ・衣装はメモっていたので確実なのですが、µ'sの皆様の台詞に関してはうろ覚えです・・・
ですが、全くニュアンスが異なることは書いていないと思っております。
少しでも会場の雰囲気が伝われば幸いです・・・!

第2回(5曲目のMermaid festa vol.2 ~Passionate~から、10曲目のListen to my heart!!まで)はこちら。
第3回(11曲目のぶる~べりぃ とれいんから、18曲目のまほうつかいはじめました!まで)はこちら。
第4回(19曲目の知らないLove*教えてLoveから、24曲目のあとのラブライブヒストリーまで)はこちら。
第5回(25曲目のもぎゅっと“love”で接近中!から、28曲目のあとのアンコールまで)はこちら。
第6回(最終)(アンコール後の夏色えがおで1,2,Jump!から最後まで)はこちら。
セットリストはこちら。


なんという近さであろうか!
1階バルコニー最前列はステージに近く、見晴らしもよく、想像以上の良席だった。
最初は双眼鏡とかも必要ではないかと危惧していたくらいなので、開演までに興奮してしまった。

会場にはオフボーカルバージョンでµ'sの曲がかかっている。
17:30を近づくにつれ、一人また一人とサイリウムを振ってコールに加わって行く。
開演直前だったと思うが、夏色えがおがかかったときには、結構な人がコールに加わっており、
早くも会場は盛り上がりをみせた。
圧倒される自分。こんな風に自分は盛り上がれるのだろうか。
少し不安になる、しかし同時に興奮も徐々に大きくなってくる。
17:30を少し過ぎたころ、注意事項等の事務的なアナウンスが流れる。
それに反して、会場からは拍手と歓声が!
いよいよ来る…!

キラキラキラ・・・とWRの一番最初のような音が流れる。
来たっ、WRか・・・いや違う!
ステージモニターには一人一人のメンバー紹介映像が映って行く。
モニターに出る時間は一人5秒程で短かったが、
ラブライバーは完全にキャラの色ごとにサイリウムを振り分け、大喝采を送る!

それが終わると、暗いステージに人影が。シルエットからもうオープニング曲はわかった。
キラキラキラ・・・ こんどこそ間違いない。Wonderful Rush!

「Dan-dan ココロ Dan-dan アツク・・・」が聞こえないほどの大歓声。
そして、(Hi hi,ススメ!・・・)を全員でコール!!
このころにはもう盛り上がれるかなと不安になった自分はいない。

本当に目の前にµ'sがいる。本当に耳に歌声が聞こえてくる。
これが「生」。始まって1分もたたないうちに大興奮である。

(なんだっけー)、(ぶつーかろー)、(一生懸命なんだよずっと!)コールが響く。楽しすぎる。
しかし、ここで自分は、あまりに興奮してコールに気が行って歌を聞き逃すことのないよう、
盛り上がりつつも歌はちゃんと聞こうと心に留めた。


サビ。PVで見たダンスが目の前で披露される。
2番のラップパートも完璧。えみつんのぶつかるんだ!も生で聴けた。
(Dan-da-dan-dan!)や(一生懸命だ!)を全員でコール!

「Wonderful…」Pile様のハイトーンが響く。鳥肌もの。
それに浸る間もなくそらまるの「Wao! どうしようか…」のラップ。
そして会場全員で(Three,two,one,ZERO!! Hi hi Super jump!・・・)を歌う!
これはやばい。最高すぎる。


そしてうっちーのソロを経て、最後のサビへ。
バックで(hi hi,すすめ!・・・)のところをみんなで歌ってから、
いよいよ、WR一番の盛り上がりどころが来る。
ステージモニターには穂乃果のアップが映る。


全員で。「うーーーー、GO!!!」

最後。「みーらいをしっかりみて」のあと、(Hi!)コールで1曲目終了。
なんということだ、一曲目からやばすぎるが。。。
WR発売時はラップもあって曲もダンスも難しそうで再現できるのかと思ったこともあったが、
完全に杞憂だった。


そしてMCへ。
「みなさん、新年あけましておめでとうございます!!!」
のあと、ひとりずつ自己紹介。ここでもサイリウムがイメージに合わせて変わる。
「次の曲聞いて聞いてください。」

ミュートされたギターの音が響く。ラブライバーなら一瞬で分かる。
僕らのLIVE 君とのLIFE
大方の予想はWRが1曲目で、ぼらららはアンコール1曲目か最後だったように思う。
それに反して、いきなりアップチューンが連続で続く!
前奏で会場全体が盛り上がる!BDの一番最初に見たシーンが大迫力で再現されている。

相変わらずの再現力、PVやBDと同じ光景が目の前で繰り広げられている。ただ1点を除いて。
それは不自然に空いた一人分のスペース。そう、ナンジョルノさんの部分。
これは最後までどの曲もそうだったが、決して詰めることはなかった。
いなかったものとするのではないのだ。


自分の気がかりは「躓いて起き上がって」のナンジョルノさんパートをどうするかだった。
その部分はCD音源を流すことで対応していた。
・・・もっとも、自分は誰が歌うのかと注視していたのだが、うっちーが歌っているように見え聞こえたのだが。

(ずっとね)や(キラキラ!キラキラ! はいはいはいはい)はもちろん全員で。

ぼらららが終わると、
間髪入れずに「だからしゅーんとしーないでー」。友情ノーチェンジ
ファーストライブでアンコールを飾った名曲が早くも披露される。

(え・・・なんで?)
ステージモニターにエリチカが映った。
この曲はPVがないためモニターにはステージの模様が常時写しだされるのだが、
突如として夏色やもぎゅのエリチカのアップシーンになったのだ。
そう、「どんな時も絶対に離さないように」のナンジョルノさんパートではエリチカを映しているのだ。
エリチカもここにいるようにと。
なんとういう演出だろうか。
ナンジョルノさん不参加を残念に思っているのは、当然ながらラブライバーだけではないのだ。

エリチカ推しとして、本当に万感の想いだった。

最後のサビを(La la la...)で歌うところを合唱。

MCへ。1/6からのテレビアニメの話に。
約1年前のファーストライブの発表から、いよいよ三日後に迫ったことや、
ことりのお母さんの声を楽しみにしておいて下さいということなど。

「次の曲聞いてください。Mermaid festa vol.1
「No,とめなーいで・・・」
個人的な感想になるが、ものすごく嬉しかった。
BD感想記事に書いた通り、ファーストライブで一番良く感じて大好きになった曲だからである。
さらに、今回のライブでは歌われない可能性が高いと思っていたためである。

ステージと会場がが赤く染まる。BDでみた腕を大きく掲げて妖しく前後に振るダンスを目にすることができ、
「動揺してるの?緊張してるの?」を交代で歌っていくところや、間奏の一人一人の台詞を生で聴けた。感激である。

最後の「あつくなれー」で会場全体がダンスに合わせて腕を掲げる。
ステージが暗くなり「さよなら。」

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ ←ランキングに参加しています。励みになりますのでよろしければクリックお願いします。